医院・ドクターのご紹介

ご挨拶

医療法社団桑島内科医院は、昭和45年6月に現在の三本松に内科、胃腸科、皮膚科、小児科として開業いたしました。先代桑島勝美も三本松にて開業し、地域医療に邁進していましたが、軍医にて戦没。現在の院長が開業するまで26年のブランクがありましたが、先代と同じ思いを引き継いでいます。現在は副院長も診療に携わるようになり、従来の診療に加え、漢方、栄養療法、点滴療法と新たな診療を始めています。皆様が気軽に相談できる、信頼されるクリニックを目指していきたいと思っています。

院長桑島 達郎

ドクターのご紹介

院長桑島 達郎(くわじま たつお)

略歴
東京大学医学部卒業
東京大学第一内科入局
東京大学大学院修了
東京大学医学博士
日立製作所総合病院
昭和45年6月三本松にて開業

副院長桑島 靖子(くわじま やすこ)

略歴
大阪医科大学卒業
徳島大学第一内科入局
徳島県立中央病院にて研修
高松赤十字病院内科
京都大学核医学科入局
大阪北逓信病院

日本内科学会内科専門医
日本東洋医学会漢方専門医
日本医師会認定産業医
高濃度ビタミンC点滴療法認定医
日本抗加齢医学会専門医

私自身の長年の不調が、漢方、栄養療法(サプリメント療法)、点滴療法で解消され、効果を実感しています。結果的にはアンチエイジング医学でした。
老化のスピードを遅らせ、見た目も体も心も若返るアンチエイジングを目指しています。
通常の健康診断で異常なしでも、老化は進行しています。
老化をコントロールし、天命を全うする日まで、Happyに人生を愉しむことができるようお手伝いができたらと考えています。
 @病気の治療ではなく、病気にならないための予防
 A病名はつかないけど、何だか不調な方
 B病気で西洋医学的な治療を受けていても、満足していない方
ご希望に応じて、漢方、栄養療法(サプリメント療法)、点滴療法でのアプローチをしています。

Copyright© 桑島内科医院, All rights reserved.