超高濃度ビタミンC点滴療法

 高濃度ビタミンC点滴療法は、米国カンサス州のDr.HughRiordan(1932-2005)を中心に世界中で広く行われている治療法です。
 この療法は、ガンなどの悪性疾患の治療・予防や、うつなどの精神症状、慢性疲労症候群、アトピー性皮膚炎など皮膚疾患、美容等に用いられています。

日本の超高濃度ビタミンC点滴療法の第一人者である、点滴療法研究会会長:柳澤厚生先生に当院にお越しいただき、直接ご指導をしていただきました。

特徴

一日の推奨ビタミンC量が100mgは、レモン5個分。超高濃度ビタミンC点滴療法では、25gから100gを使います。50gではレモン2500個分です。当院では、無添加のビタミンCを輸入して使用しているので、安全です。

適応疾患

抗ガン、抗うつ、免疫力強化、疲労回復
美容、美肌 、アンチエイジング
・・・など

ビタミンCの効能

1)抗酸化作用

活性酸素を減らし、アンチエイジング、ガン予防、免疫力を高める、疲労回復。タバコやストレスの多い方、睡眠不足、夜勤のある方はビタミンCの消費が多いため、お薦めです。

2)抗ガン作用

内服では、ビタミンCを大量に内服しても、一定の血中濃度までしか上がらず、尿に出るだけですが、直接点滴で投与することで、一気にビタミンCの血中濃度を上げることできます。(ガン細胞は1時間、高濃度ビタミンCにさらされるだけで、死滅するというデータがあります)ビタミンCは、過酸化水素を発生し、ガン細胞だけを攻撃します。ガン細胞は、過酸化水素を分解する酵素を持っていないのですが、正常な細胞は過酸化水素を分解する酵素を持っているため、影響をうけません。また、ビタミンCは、ガン細胞周囲にコラーゲンの被膜を作りガン細胞を閉じ込めます。抗ガン剤との併用も可能で、抗ガン剤の治療効果を高め、副作用を軽減します。ビタミンCは、体に優しい抗ガン剤ともいえます。

3)美肌作用

美白:シミの原因となるメラニンの生成を抑えます。
はりのある肌、たるみ改善:コラーゲンの生成にビタミンCが必須
乾燥肌改善:肌の保湿力改善
毛穴の開き、ニキビ肌改善:皮脂の過剰分泌改善

4)抗うつ作用

ストレスを和らげます。

5)免疫力強化

風邪、インフルエンザの際にビタミンCを点滴すると、回復が早く、抗生剤などが飲めない方には安心な治療です。また、帯状疱疹に点滴をすると回復が早いだけでなく、帯状疱疹後神経痛にもなりにくいです。

6)副作用がほとんどない

余分なビタミンCは、尿中から排泄されるため、副作用もありません。逆に体に貯めておくことができないため、定期的な点滴治療と点滴をしない日には、サプリメントでの補充が必要となります。ビタミンCをとりすぎると尿管結石ができると言われたりしますが、そのような副作用はありません。

ガン治療の場合は、血中ビタミンC濃度を測定しながら、有効血中濃度に達するビタミンCの量を決めます。多くは50gから100gの間です。
ガン予防、アンチエイジング、美肌、軽い感染症は25gです。

超高濃度(25g以上)のビタミンCの点滴をうける場合は、G6PD検査が必要です。G6PDが欠損している人に大量のビタミンCを点滴すると溶血します。日本人には、少ないといわれていますが、安全に点滴を受けていただくために検査を行っています。

治療の流れ

  • ガン治療の場合は、血中ビタミンC濃度を測定しながら、有効血中濃度に達するビタミンCの量を決めます。多くは50gから100gの間です。
    ガン予防、アンチエイジング、美肌、軽い感染症は25gです。
  • 超高濃度(25g以上)のビタミンCの点滴をうける場合は、G6PD検査が必要です。G6PDが欠損している人に大量のビタミンCを点滴すると溶血します。日本人には、少ないといわれていますが、安全に点滴を受けていただくために検査を行っています。

治療の頻度と期間

ガン

最初の6カ月 週2回を行い、その後は病状に合わせて治療方針を御相談いたします。

ガン予防、美容目的

月に1〜2回

サプリメント

ガン治療の場合、血中ビタミンC濃度をなるべく保つため、点滴をしない日にはビタミンCのサプリメントを内服をお薦めしています。

点滴療法は予約制・自由診療となっております。
ご希望の方は、お電話(0879-25-0771)にてご予約下さい。

参考リンク

点滴療法・高濃度ビタミンC点滴療法について、こちらで詳しく紹介されています。ご参考ください。
点滴療法研究会

高濃度ビタミンC点滴療法・栄養療法におけるがん治療については、こちらでも紹介されています。
オーソモレキュラー.jp「治療の実際:がん」

Copyright© 桑島内科医院, All rights reserved.